名刺ビギナーの名刺活用術

社会人=名刺というイメージを子供の頃に抱いた人も多いのではないでしょうか。
しかし、実際に大人になってみると名刺を作らない職業や生活のあり方も存在しているのです。
今回はそんな「名刺が必要なかった側の人」が初めて名刺を手にしてからを助ける活用術を探ります!

初歩の初歩。名刺にも色々あると知っておきましょう

会社に新卒で採用され、即名刺が支給されたという人も多いかと思います。先輩や上司に習って名刺交換のルールを学ぶのは社会人の基本とも言えるでしょう。
しかしサービス業や肉体労働系の業種の場合、名前の部分を空白にした「空」の名刺を支給されたり、支給自体がないこともあります。相手が名刺を持っていないからといって侮るのは失礼です。
また、最初からフリーランスとして社会に出た人や学生のうちに仕事を始めた人などは自分で名刺を作る必要があります。
その場合、企業が用意するものよりも自由度が高く自分をアピールしやすい強力なツールとして名刺を活用できるのです。

こう見ると、社会人の基本とはいえ名刺の必要の重要性やクオリティは非常に多様と言えます。
その共通言語として名刺交換のマナーを身に付けるのは不可欠です。「初めて名刺を持つ、作った」という人は、マナーの本や紹介サイトで予備知識を入れておくと心強いでしょう。

まずは常に持ち歩く習慣をつけましょう

自作、メーカーに頼むなどして自分の名刺が手に入ったら、まずは常に持ち歩く習慣を身につけましょう。
出先で初対面の人と思いがけず仕事の話が始まる…というシーンは多いです。せっかくのご縁とビジネスチャンスを次に繋げるために名刺は手元にあって困りません。何か相手が頼みたい、呼びたい…と考えた時に、あなたを思い出すきっかけこそ名刺なのです。

会社員なのか、学生なのか、オリジナリティで勝負するフリーランスなのか。自分の立場でふさわしいデザインは異なりますが、名刺が折れたり汚れたりしないように名刺入れを携帯用に準備しましょう。また、いただいた名刺を収納するためのケースも必ず別に用意しましょう。
自分の名刺と相手の名刺を混同させて放置するのは厳禁です。

交換だけじゃない!ちょっとしたテクニック

名刺交換にも慣れてきたら、他のテクニックも試してみましょう。

例えばビジネスで相手方を訪ねて不在の場合。
デスクや受付の方に名刺を預けて帰ると、不在とはいえ「自分は来ました」と印象付けることができます。
その場合は丁寧な挨拶や一言を添えておくとなお良いでしょう。

ちょっとした時に電話番号や住所を尋ねられた場合には、メモよりも名刺を1枚手渡した方が早いしスマートです。
ただし、名刺は個人情報も載っているのでむやみなバラまきや置き忘れは注意しましょう。
会社名や他の支店の連絡先も入っている名刺は自分だけのものではないという意識を持つべきです。

また、自由がきく立場ならば名刺のデザインや紙質にも気を配りたいものです。
昇進や転職に合わせて名刺を新調する場合には思い切ったリニューアルもアピールのポイントです。
もちろん、誤字脱字はないように細部に気を配ってみてください。