名刺の裏側を制する視点

名刺を作るときには自分の名前などが記載されている表側にこだわりを持つのが一般的です。しかし、名刺を効果的に活用するためには裏側を制することが重要になります。より優れた名刺を作ることを目指してみましょう。

裏側の一般的な使われ方

自分の紹介をしたり事業の宣伝をしたりできる名刺を作るときには、まずは表に名前や会社名、連絡先などを記載するのが通常です。そして、裏側はどうするかというと一般的な方法が二つあるでしょう。一つは印刷コストを下げるために白紙のままにしてしまう方法です。もう一つは英語版の名刺にしてしまうという方法であり、国際化が進んでいることから有用性も高くなっています。このような使い方をするとコストを下げたり、海外の人と合ったときに困らなかったりするのは確かでしょう。しかし、名刺は効果を示して意味があるものであり、裏側の使い方を工夫してより優れている名刺にした方が良いかもしれません。どのようにしたら良いのでしょうか。

裏側は話題の宝庫

基本的な考え方の一つとして、名刺の裏側は話題の宝庫にしておくというものがあります。名刺を交換するときはいわば自己紹介のタイミングであり、そこで印象に残るような話題で会話を成立させることができれば相手に覚えていてもらいやすくなるでしょう。表を見せて名刺交換をした後、裏を見てもらってそこから話を切り出すという考えでデザインするのが効果的です。写真を一枚載せるだけでも十分であり、そこから話を切り出して自分を紹介することができるでしょう。事業主なら商品や事業の紹介記事を掲載するのも良い方法です。自己アピールのためなら少し印象の異なる書体の文字で何ができる人なのかとアピールできるようにしておくのも良いでしょう。

裏側のこだわり方のコツ

名刺の裏側にこだわりを持つときにはコツがあります。裏側にただ色々なことを書き込むだけでなく、相手が書き込みをできるスペースも作っておくというのは優れた発想の一つでしょう。少し書き留めておいて欲しいということがあったら、その場でそこに自分で書き込んだり、相手に記入を求めたりすることができるからです。一方、作る時点での工夫としてもう一つこだわっておくと良いのが用紙でしょう。表と裏で質感が違う用紙も利用できるようになっているので、表はフォーマルに、裏はカジュアルにといったデザインも可能です。裏をメモに使いやすくするために光沢をなくし、表は目立つようにコートするということもできるので用紙に着目するのも大切でしょう。