よりよい名刺とは

名刺は様々な人たちと交換するものですが、たくさん名刺を貰う立場の人からすれば特に印象のない名刺については、なおしこんでしまってすぐに忘れられるものになってしまいがちです。同じ名刺を作るのであればインパクトのあるものを作るのがおすすめです。

名刺作成のソフトは?

オリジナリティーに溢れた名刺を作る手立てとして挙げられるのが、プロに依頼することと自分で作成すること。プロに依頼するのであれば、多少割高にはなりますが、しっかりと自分の要望を伝えることで可能となります。一方、自分で作成するもので個性あるものをと考える場合には、ソフトはできるだけイラストレーターで作成することが必要となります。理由としては自作したデータは自ら印刷会社に入稿することになりますが、その際のデータの作成はもとより、デザインの自由度が非常に高くなるからです。オリジナルで印象に残る名刺をと考えるのであれば、この自由度は高める方が良いと言え、また、入稿したデータの修正なども印刷会社によっては対応してもらえるので、後々の取り扱い的にもおすすめとなります。

オリジナルにこだわりたいなら!

自作でのデータによるオリジナル名刺ではどの印刷会社を選ぶかによって、可能となるデザインが変わってきます。印刷会社によっては用紙の種類にこだわったところもあり、金箔の入った用紙のもの、環境にやさしいケナフ材を利用した用紙を使える会社なども。また、プラスチックを使った名刺や、木そのものを名刺に仕立てることのできる会社もあります。このような取り扱っている用紙を基準に印刷会社を選択するのもおすすめで、名刺自体も変わった用紙一つで全くイメージの違うものを作ることが可能となります。その際、変わった用紙の選択は、デザインと自分の取り扱う商品や仕事内容と関連を持たすことが大切とも言え、そのデザインとの絡ませ方で自分の仕事に対する意気込みを相手に伝える役割を名刺に持たせることができると言えます。

インパクトのある変わり種の名刺!

また、変わり種名刺を作りたい場合にも印刷会社から選定するのが先決でしょう。変わり種名刺であるのが香り付き名刺、変形や切抜き加工をすることによって動物の形などの名刺など。また、賞味期限はありますが、本物の落花生に名前や住所、電話番号を印刷してくれる会社もあります。このようなインパクトの強い名刺であれば、必然的に加工代等で金額は高くなってしまいがちではありますが、名刺を貰った側からすると嬉しいものでもあります。日常的なやりとりになりがちな名刺交換が、相手の驚く顔と同時に笑顔も見られるのであればその分、名前を覚えてもらう以上の価値が出てくるものです。それでこそ名刺が自分を知ってもらうより良いパーツともなるでしょう。

20枚から注文できるので、色々なデザインを安く試せます。少ないロットでも、100枚単位でも全国配送します。 ロゴなどに高級感をプラスする箔押し加工もオススメです。 Illustratorがなくてもテンプレートで簡単発注。 会員証やチケットなどのナンバリング印刷も可能です。 2つ折り名刺、両面白黒印刷2150円(税別)から。 ミシン目、パウチなど加工オプションはなんと10種類以上。 名刺のご注文は格安通販の【ライオン名刺】へどうぞ